世の中のパパに朗報。育休を取ったらいいことずくめ

life
スポンサーリンク

10月に3人目の子共が産まれるにあたって育休を取得しようと考えています。

現状日本では男性の育休というワードがニュースや雑誌などに取り上げられることが多くなり

たくさんの人に育休について知ってもらえてるのではないでしょうか。

しかし男性が育休を取得できているのは1割が現状です。

再度育休の制度を理解し申請に踏み切る助けになればと思います。

スポンサーリンク

育休と産休

「育休」とは育児・介護休業法に基づく休業制度のこと。

原則として1歳に満たない子供を養育する従業員が勤務先に申し出ることで利用可能。

法律で定められている制度であり、仕事を続けながら子育てをする権利が保護されている。

取得には雇用期間などいくつかの要件があるものの、性別に関わらず取得できます。

男性の場合は出産予定日から子供が1歳の誕生日を迎える前日まで取得可能。

また、配偶者が専業主婦であっても取得が可能です。

「産休」とは労働基準法で定められた産前産後休業(産前6週、産後8週)のこと。

女性が妊娠し、出産前後の母体保護の観点から定められています。

スポンサーリンク

育休の申請方法や必要書類

育休の申請方法は企業によって異なりますが、一般的な流れを確認しましょう。

育児休業開始予定日の1ヶ月前までに、勤務先に対して育児休業の取得を書面で申し出る。

その後の育児休業給付金の申請に必要な書類の作成や提出などは、

原則会社が本人の代わりに進めてくれます。

Roi
Roi

私は育休を取得する旨を上司に相談。

「自分の時代にもそういう制度がもっと世間に広まっていたらな。しっかり育児頑張ってください。」と言われました。

とてもいい上司に恵まれていると思います。

育休を開始する日と期間が決まりすぐに上司・人事部の方へ相談は行きました。

なるべく早めに行動するのはいいと思います。

スポンサーリンク

男性育休の期間

育休は原則子供が1歳になるまで。

「パパ・ママ育休プラス」、「パパ休暇」という制度があります。

「パパ・ママ育休プラス」

原則として1歳までである休業可能期間を子供が1歳2ヶ月に達するまでに延長できる特例のこと。

パパ・ママ休暇プラス 取得の要件

  1. 配偶者が子が1歳に達するまでに育児休業を取得していること
  2. 本人の育児休業開始予定日が、子の1歳の誕生日以前であること
  3. 本人の育児休業開始予定日は、配偶者がしている育児休業の初日以降であること

「パパ休暇」

母親の産後8週間以内に育休を取得すると、期間内にもう一度育休を取得できる。

パパ休暇 取得要件

  1. 子の出生後8週間以内に育休を取得していること
  2. 子の出生後8週間以内に育休が終了していること

育休の延長

子供が1歳となる育休終了予定日に保育園に入所できない場合は子供が1歳6ヶ月になるまで育休を延長することが可能。

1歳6ヶ月の時点で保育所に入所できない場合はさらに2歳になるまで再度延長が可能です。

男性育休の開始時期

男性が育休を取得できるのは、妻の出産予定日以降です。

帝王切開で日取りが決まっている場合を除き、子供はいつ産まれるかはわかりませんが、勤務先には事前に申告が必要となります。

予定日と実際の出産日のズレはありますが、育休の開始日は変更可能なため、繰り上げ・繰り下げ申請で対応できます。

Roi
Roi

私の育休開始時期は出産した翌日からの予定です。

コロナ禍であり立ち会い出産もできず、産まれた後

実際に会えるのは退院日になります。

育休開始して退院するまでは2人の子供の世話、

迎え入れる準備をしていきたいと考えています。

育児休業給付金??

育児休業給付金は、雇用保険に加入しており一定の要件を満たしていれば支給されます。

最初の6ヶ月は「休業開始時賃金日額×支給日数×67%」それ以降は50%となっています。

育児休業給付金は原則として2ヶ月に1回、会社が支給申請を行います。

初回の申請は育休開始から2ヶ月経過後、4ヶ月を経過する日の属する月の末日までです。

署名や押印が必要なため、事前に勤務先の担当者に確認を取りましょう。

勤務先で支給申請を行うと、支給の可否と支給額が記載された

育児休業給付金支給決定通知書」が勤務先から自宅へ交付されます。

大切に保管しときましょう。

社会保険料の免除あり

育休中は、厚生年金保険料や健康保険料などの社会保険料が免除される制度があります。

これらの保険料の負担額は所属している保健組合によって異なるが、月収の14%ほどです。

育児休業給付金は非課税なので、育休中に無休となった分に応じて

次年度分の所得税と住民税の負担額が軽くなります

育休中最初の6ヶ月の67%と社会保険料の14%を合わせると

実質育休前の手取り月収の約8割ほどがカバーされることになります。

男性育休のメリット

  1. 夫婦の関係が良くなる
  2. 子供の成長をマジかで見ることができる
  3. 次年度の税金負担額が軽くなる
  4. 今後の仕事について考える時間ができる
  5. 副業などの新しいキャリアに踏み込むチャンスになる

育休のメリットとして上記の項目があげられます。

1番は夫婦間の関係が一番良くなるのではないでしょうか。日本は男性は仕事、女性は育児という価値観が残っているのが現状です。妻は出産を機に、夫に対しする愛情が低下していくようですが、夫婦で協力して子育てを行った場合、夫に対しする愛情はV字回復するという調査結果があるそうです。

また、育休中に自分の仕事に対して見つめ直す期間にもなると思います。

新しい何かに挑戦し始めるために空いた時間に読書やネットで検索してみるなどしてみるのも一つと思います。実際、副業を始める方、趣味を見つけて行動に移していく方などたくさんいます。

もちろん子育てが第1ですがそういった時間に当てるいい期間だと思います。

Roi
Roi

私は育休について調べるうちにメリットの多さに驚いています。

1番は家族と一緒に過ごす時間をたくさん持てることだと思います。

さらに私はこの育休期間中にブログを書いていくことで、少しでも

収入を得ることができればと思っています。

育休に悩んでいるパパの一歩踏み出す勇気のきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました